「マスクは甘いけど…」プロデューサーが町田啓太を絶賛 ドキュメンタリー→ドラマの「僕ドラ」に期待高まる

iza
町田啓太(写真提供:テレビ東京)
町田啓太(写真提供:テレビ東京)

俳優の町田啓太が、来年2月にテレビ東京系でスタートするドラマ「僕を主人公にした漫画を描いてください!それをさらにドラマ化もしちゃいます!!」に主演する。同作は、同局と電子コミック配信サービス「めちゃコミック」が開催した漫画化とドラマ化の作品を同時に選ぶ合同プロジェクトで誕生。漫画家をコンテストで募集し、大賞作品を「めちゃコミック」で連載、テレビ東京でドラマ化するという企画で、町田が大役に抜てきされた。

ドラマの放送枠は、「東京放置食堂」や「JKからやり直すシルバープラン」など独自の路線で注目を集める「水ドラ25」(毎週深夜1時~1時30分)に決定。1月5日から選考の過程をドキュメンタリーとして放送し、2月2日からはドラマ放送をスタートする。

ドラマ主演の町田は、プロジェクトの審査委員長も務めた。ドキュメンタリーでは、多数応募のあった漫画家のなかから大賞が決まるまでの様子や、選ばれた漫画がどのようにドラマ化していくかの製作過程に密着した。町田も応募者とのリモート面談、プレゼンテーションやスタッフとの選考会議に参加しており、真剣に応募者と向き合った。

ドラマの原作となる漫画がどのように生まれ、作られていくのか? その漫画がどのようにドラマ化されていくのか? そしてどんなドラマになるのか? ドキュメンタリーとドラマが楽しめる企画となっている。

応募が始まったのは今年2月。このときから町田が主演を務めることが発表されており、経過を同局のオウンドメディア「テレ東プラス」で伝えてきた。長期にわたるプロジェクトを見守ってきたファンからは「どんなストーリーのドラマになるんだろうとワクワクしてる」「待ちに待った僕ドラの情報やっときたー」「楽しみでずっと待ってた僕ドラ情報がやっと来ました!どの漫画家さんが選ばれたか町田くんがやってみたい役はどんなのか…楽しみにしております」などと熱い視線が注がれている。「ドキュメンタリーから放映するから、ドラマは2月からなんですね。裏側も楽しみ。今更ながら、すごく贅沢な企画だよなー」「ドラマはもちろんドキュメンタリーも面白そう…ものづくりの制作過程とかワクワクしてしまう」とユニークな企画で、ドラマ本編と制作の裏側の2つが楽しめる点も魅力の一つとなっている。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は