夏木マリが恒例の文化奉納パフォーマンス 28日にYouTubeで公開

サンスポ
恒例の文化奉納パフォーマンスを今年も披露する夏木マリ
恒例の文化奉納パフォーマンスを今年も披露する夏木マリ

歌手、夏木マリ(69)が28日に京都・清水寺の経堂で、自ら演出・プロデュースする「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2021『PLAY×PRAY』第八夜」を開催し、パフォーマンス集団・MNTとともに文化奉納パフォーマンスを披露する。

文化発展の想いから、毎年日本文化象徴の地である清水寺で実施しており、今回で8年目。今年も新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、経堂内での観覧を控え、28日午後9時から夏木マリ公式YouTubeチャンネルで公開する。

衣装は「yoshie inaba」と「Nao Takekoshi」によるオリジナル。パフォーマー達に一体感をもたらす黒の衣装や、ドレープが創り出す光の陰影が幻想的な雰囲気を一層際立たせる。

映像は、国内外で多数の受賞歴を持つクリエイティブディレクターの鈴木曜氏が監修。祈りを込めたパフォーマンスに注目だ。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は