米、ロシア関連企業に制裁 欧州パイプライン計画に関与

産経ニュース

米国務省は22日、ロシア産天然ガスをドイツに送る海底パイプライン「ノルドストリーム2」計画に関与したとして、ロシア関連企業1社と同社の船舶を制裁対象に追加したと発表した。

9月に完成したノルドストリーム2が稼働してロシアへのエネルギー依存が高まれば、欧州の安全保障が脅かされるとの懸念が出ている。ブリンケン米国務長官は「バイデン政権はドイツや他の同盟国と協力してロシアの有害な活動に対抗する」との声明を発表した。

米政権はドイツとの関係を重視してパイプライン建設を事実上容認したものの、8月には計画に関与したロシアの船舶会社や建設会社などを制裁対象に加え、厳しい姿勢を維持している。(共同)

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走