九州国際大付は逆転負けで決勝進出ならず 六回に集中打を浴びる/明治神宮大会

サンスポ
2回に先制本塁打を放つ九州国際大付・佐倉侠史朗=神宮球場(撮影・桐原正道)
2回に先制本塁打を放つ九州国際大付・佐倉侠史朗=神宮球場(撮影・桐原正道)

明治神宮野球大会第4日(大阪桐蔭9×-2九州国際大付=規定により七回コールド、23日、高校の部準決勝、神宮)九州国際大付(九州)は中盤まで試合を優位に進めたが、七回コールド負けで決勝進出はならなかった。

二回に4番・佐倉侠史朗内野手(1年)が高校通算8号の右越えソロ本塁打で先制。同点に追いつかれた直後の三回には、1番・黒田義信外野手(2年)が右越えにソロを放って勝ち越した。しかし、六回に7本の長短打を浴びて逆転された。

佐倉は「しっかり強いスイングを意識した。この大会で長打が出ていなくて、(自分の)スイングができていなかった。前の試合で(花巻東の)佐々木君の(本塁打)は見ていたけど、きょうは意識せずにいた」と振り返った。

楠城徹監督は、現役時代に西武の捕手として活躍し、楽天のスカウト部長も務めた経歴を持つ。本来は正捕手の野田を先発投手で起用した。「ここまで(左腕の)香西と2人で投げてきたので自信を持って送り出した。集中打の場面(六回)でひと呼吸おかないといけなかったと思っている」と、タイムをかけて間を取らなかったことを悔やんでいた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故