佐藤寛太、主演映画「軍艦少年」の軍艦島でのロケ敢行に「映像は大事にしたい」

サンスポ
12月10日公開の映画「軍艦少年」で親子を演じ、舞台あいさつでも息の合うところを見せた佐藤寛太(左)と加藤雅也=23日、東京・秋葉原
12月10日公開の映画「軍艦少年」で親子を演じ、舞台あいさつでも息の合うところを見せた佐藤寛太(左)と加藤雅也=23日、東京・秋葉原

劇団EXILEの佐藤寛太(25)が23日、東京都内で行われた主演映画「軍艦少年」(Yuki Saito監督、12月10日公開)の完成披露試写会に、共演の加藤雅也(58)や大塚寧々(53)、赤井英和(62)らと出席。舞台あいさつを行った。

長崎県の世界遺産「軍艦島」が見える町を舞台に親子の再生を描く物語で、漫画家、柳内大樹氏の同名漫画の映画化。佐藤はケンカに明け暮れる主人公の高校生を熱演。ラーメン店での撮影では、加藤演じる父とのケンカの場面で「お店の壁に穴を開けちゃった。雅也さんの形にへこんでしまって」と裏話を披露。加藤も「こういう息子がいたらこうなるだろうなと。もうそういう年代になってきたんだな」と感慨深げだった。

12月10日公開の映画「軍艦少年」の完成披露試写会に出席した前列左から加藤雅也、佐藤寛太、大塚寧々。後列左から赤井英和、濱田龍臣、山口まゆ、Yuki Saito監督=23日、東京・秋葉原
12月10日公開の映画「軍艦少年」の完成披露試写会に出席した前列左から加藤雅也、佐藤寛太、大塚寧々。後列左から赤井英和、濱田龍臣、山口まゆ、Yuki Saito監督=23日、東京・秋葉原

軍艦島でのロケにはユネスコからの撮影許可が下りるまで約2年がかかったといい、佐藤は「(島に)上がってみると圧倒されて一言もしゃべれなくなった。ランドセルが落ちていたり、生活の跡があるのに圧倒的な静けさで。この映像は大事にしていきたい。すごいパワーを持った映画だと思う」と力を込めた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性