九産大、わずか3安打で零封負け 大久保監督「力の差を感じました」/明治神宮大会

サンスポ
国学院大戦の3回、福永(奥)に先制打を許した九産大・渡辺=神宮
国学院大戦の3回、福永(奥)に先制打を許した九産大・渡辺=神宮

明治神宮大会第4日(国学院大4-0九産大、23日、大学の部準々決勝、神宮)九産大(九州三)は国学院大(東都)に零封負けを喫し、初戦突破はならなかった。先発した渡辺翔太投手(3年)が7回5安打1失点と好投も、打線が相手左腕・武内夏暉投手(2年)の前に八回2死まで一人の走者もだせず。6番・福森秀太内野手(4年)が左前打を放って完全試合は阻止したが、わずか3安打に封じられた。

大久保哲也監督は「相手の武内君はコントロールがよくて、手元で伸びる切れもあって完璧なピッチングをされました。なんとか1点差で最終回まで行きたかったですが、八回に点をとられて力の差を感じました。全国で勝つためには打力を上げないといけないですね」と振り返った。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病