オリックスが三回に宗のタイムリーで1点を先制

サンスポ
3回、先制の適時打を放つオリックス・宗佑磨=東京ドーム(撮影・松永渉平)
3回、先制の適時打を放つオリックス・宗佑磨=東京ドーム(撮影・松永渉平)

(SMBC日本シリーズ2021、ヤクルト-オリックス、23日、東京D)オリックスが今シリーズで初めて先手を取った。三回1死満塁から宗佑磨内野手(25)がヤクルト先発・小川の126キロチェンジアップを右前適時打。1-0とした。

ただ、なおも続いた好機は吉田正が空振り三振、杉本が一邪飛で1点止まりだった。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは