主張

彭帥選手問題 異様な国だと再認識せよ

産経ニュース
モニター画面に映る中国の女子テニス選手、彭帥さんと会話を交わすIOCのバッハ会長((C)IOC/Greg Martin)
モニター画面に映る中国の女子テニス選手、彭帥さんと会話を交わすIOCのバッハ会長((C)IOC/Greg Martin)

これを黙って信じろという方が無理だろう。全ての事柄が政権の都合に左右される中国という国の異様性が浮き彫りになるばかりである。

国際オリンピック委員会(IOC)は、バッハ会長が中国の女子テニス選手、彭帥さんと約30分間、テレビ電話で通話して無事を確認したと発表した。彭帥さんは女子テニスの四大大会をダブルスで2度制したトップ選手で、中国の元副首相に性的関係を強要されたと訴えた後、安否が懸念されていた。

IOCは「北京の自宅で安全かつ元気にしているが、今はプライバシーを尊重してほしい、と彼女は説明した」とした。通話には中国の李玲蔚IOC委員も加わり、性的暴行の被害については言及すらなかった。来年2月の北京冬季五輪を前に現地入りするバッハ氏は北京での夕食に彭帥さんを招待したという。だが会見場所はIOC本部のあるローザンヌなど、自由に発言できる中国国外でなければ疑念は払拭できない。

彭帥さんの安否について、ツアーを統括する女子テニス協会(WTA)は中国からの撤退を辞さない強い姿勢を示し、彭帥さんと連絡を取るための努力を続けていることを明かしていた。男子テニス世界1位のノバク・ジョコビッチや女子の大坂なおみも彭帥さんを心配する声を上げていた。

こうしたテニス界の毅然(きぜん)とした姿勢が彭帥さんとの通話公開につながったともいえる。ただ、通話の相手にそのWTAではなくIOCを選んだのは中国当局である。五輪本番を控えてIOCはこれまでも、新疆ウイグル自治区の人権問題などについても直接的な批判を避けてきた。IOCの弱腰は中国に利用されるだけだ。

この問題をめぐっては、米国のサキ大統領報道官が「米国は性的暴行の告発は捜査されるべきだとの立場だ」と強調し、「中国は批判に対する寛容さが全くなく、声を上げる人を黙らせてきた」と非難した。国連人権高等弁務官事務所の報道官は「彼女が訴えた性的暴行についての透明性のある調査を求める」と訴えた。

心もとないのは21日のテレビ番組でこの問題を問われた林芳正外相が「注視をしているが、何か具体的な検討を開始したわけではまだない」と答えたことだ。あいまいな態度は、IOCと同様、中国を利するだけだろう。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走