NY株反発、17ドル高 パウエル議長再任を好感

産経ニュース
FRBのパウエル議長(共同)
FRBのパウエル議長(共同)

週明け22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前週末比17・27ドル高の3万5619・25ドルで取引を終えた。バイデン米大統領が連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の再任を発表したことが好感され、買いが優勢となった。

米金融政策運営を巡る不透明感が和らぎ、ダウの上げ幅は一時320ドルを超えた。ただ、その後は米長期金利の上昇を警戒した売りが強まり、取引終了にかけて急速に値を消した。

ハイテク株主体のナスダック総合指数は反落し、202・68ポイント安の1万5854・76。

個別銘柄では、保険のトラベラーズや金融のゴールドマン・サックスの上昇が目立った。クレジットカードのビザは下げた。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性