ヤクルト2連勝! サンタナが逆転2ラン&激走ヘッドスライディング 

サンスポ
日本シリーズ第3戦(ヤクルト)
日本シリーズ第3戦(ヤクルト)
その他の写真を見る (1/43枚)

(SMBC日本シリーズ、ヤクルト5―4オリックス、ヤクルト2勝1敗、23日、東京D)セ・リーグ王者のヤクルトがシーソーゲームを制し、対戦成績を2勝1敗とした。1点を勝ち越された直後の七回、2死一塁で5番のドミンゴ・サンタナ外野手(29)が右中間に逆転2ランを放ち、これが決勝点となった。先発の小川は6回を投げ5安打3失点(自責点2)。七回からスアレス、田口、石山とつなぎ、九回は第1戦で乱調だったマクガフが無失点で締めた。

これぞ、助っ人だ。サンタナが七回、オリックス4番手・吉田から放った打球は高々と舞い上がり、右中間席に吸い込まれた。

「打ったのはスライダー。(七回表に)逆転されてしまったが、ベンチが一体となってすぐに逆転するぞという雰囲気だった。自分自身も1本出ていなかったので最高の場面で打つことができた」

三塁を回る際に自慢のヒゲを強調するポーズで喜びを爆発。サンタナは五回に中村が逆転二塁打を放った際、一塁から激走し、相手の失策を突き、本塁へヘッドスライディングで生還するなど執念を見せた。

5回、ヘッドスライディングで生還するヤクルト・サンタナ=東京ドーム(撮影・斎藤浩一)
5回、ヘッドスライディングで生還するヤクルト・サンタナ=東京ドーム(撮影・斎藤浩一)

今回の日本シリーズでチームは本拠地・神宮球場でアマ野球の明治神宮大会が行われているため、第3―5戦では東京ドームをホームとして戦っている。九回は2死一、三塁のピンチを迎えたが、マクガフが杉本を一ゴロに打ち取った。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故