難波駅前が「ホコテン」に 社会実験スタート

産経ニュース
歩行者天国になった難波駅前=23日午後、大阪市中央区(須谷友郁撮影)
歩行者天国になった難波駅前=23日午後、大阪市中央区(須谷友郁撮影)

大阪市の繁華街・ミナミの玄関口である南海難波駅前で23日、車両の進入を禁止し、歩行者専用の空間とする社会実験が始まった。市などが交通への影響を調べ、2025年大阪・関西万博の開催までに新たなにぎわい拠点へと再編する。社会実験は12月2日まで。

歩行者空間になったのは駅北側の約4千平方メートルのエリア。期間中はタクシー乗り場を別の場所に移し、いすやテーブルを設置して歩行者が憩いの場として利用できるようにした。

いすやテーブルも設置され、憩いの場に
いすやテーブルも設置され、憩いの場に

寒気の影響で23日は近畿一円で厳しい冷え込みに。コートを着込んだ人らがこれまでと変わった景色を眺めたり、いすに座って会話を楽しんだりしていた。友人と訪れた堺市北区の会社員、足立美緒さん(23)は「案外広いスペースだったんだと思った。普段歩けないところを歩いてみて不思議な感じ」と笑顔で話した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病