R・ブライさん死去 米国を代表する詩人、芭蕉作品翻訳

産経ニュース
ロバート・ブライさん=2008年1月、米ミネアポリス(AP=共同)
ロバート・ブライさん=2008年1月、米ミネアポリス(AP=共同)

米メディアによると、米詩人のロバート・ブライさんが21日、中西部ミネソタ州ミネアポリスの自宅で死去した。94歳。死因は不明だが、認知症を患っていたという。

1926年、ミネソタ州生まれ。60年代から詩人として注目を浴び、ベトナム戦争反対をうたった作品で全米図書賞を受賞するなど、米国を代表する詩人の一人として活躍した。日本の松尾芭蕉やチリの詩人パブロ・ネルーダといった海外の作品を精力的に翻訳したことでも知られる。(共同)

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【奈良小1女児殺害・父親講演詳報㊦】もし叶うなら「ぎゅっと抱きしめたい」今もそばに