尾川堅一、会場のマディソンスクエアガーデンを下見/ボクシング

サンスポ
ニューヨークに到着した尾川堅一(帝拳ジム提供)
ニューヨークに到着した尾川堅一(帝拳ジム提供)

プロボクシングIBF世界スーパーフェザー級3位の尾川堅一(33)=帝拳=が21日(日本時間22日)、同級王座決定戦(27日=同28日、マディソンスクエアガーデン・Huluシアター=MSG)を闘う米ニューヨークに到着した。同級2位のアジンガ・フジレ(25)=南アフリカ=と対戦する。

成田空港から約12時間半の長旅に「飛行時間が少し長く感じた」が、「着いたらわくわく感の方が強くなって、ホテルの周りを散歩したりした。気分としてはすごく良い感じ。試合まで少し時間があるので、気持ちはまだゆったりとできている」という。

試合会場のマディソンスクエアガーデンを下見した尾川堅一(帝拳ジム提供)
試合会場のマディソンスクエアガーデンを下見した尾川堅一(帝拳ジム提供)

試合会場のMSGの前まで下見に行き「明るいうちに見たこともあり、自分の中にあるイメージと少し違ったが、外から見たのと中に入った実感は違うんでしょうね」とイメージを膨らませた。午後からは滞在するホテルの中のスポーツジムで体を動かし「汗の出方も日本と変わらず良く、コンディションの良さを感じている。初日としては絶好調」と調整は順調だ。22日はメディカルチェックが予定されている。

プロ戦績は2017年12月以来、2度目の世界戦となる尾川が28戦25勝(18KO)1敗1分け1無効試合、初の世界戦となるサウスポーのフジレが16戦15勝(9KO)1敗。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故