乃木坂・高山一実が涙の卒業ライブ「皆さんは幸せを作る天才です」

サンスポ
乃木坂・高山一実が涙の卒業ライブ「皆さんは幸せを作る天才です」
乃木坂・高山一実が涙の卒業ライブ「皆さんは幸せを作る天才です」
その他の写真を見る (1/5枚)

乃木坂46の高山一実(27)が21日、東京ドームで卒業ライブを行い、10年間のアイドル生活に終止符を打った。

7月にスタートした2年ぶりの全国ツアーの最終公演で、グループとして4年ぶりとなる東京ドームのステージ。最新曲「君に叱られた」や「インフルエンサー」など全31曲を、集まったファンに届けた。高山は「最後の日って、こんなに楽しいんだってびっくりしてます。とっても幸せで、幸せが突き抜けて空まで行っちゃいそう!」と最後の景色を目に焼き付けた。

デビュー曲から全シングルで選抜入り。表題曲のセンター経験はないが、2011年の結成から1期生としてグループを支えてきた。18年には小説家デビューを果たし、テレビ朝日系「クイズプレゼンバラエティーQさま‼」、TBS系「オールスター後夜祭」でMCを担当するなど、バラエティー力も抜群。卒業後もマルチな活躍が期待される。

アンコールでは水色のドレス姿で登場し、ソロ曲「私の色」を披露。サイリウムカラーの水色とピンクで染まる会場を見渡し「最後にこんな素敵な景色を見せてくださってありがとうございます」と涙が溢れた。

同期でキャプテンの秋元真夏(28)は「明日からいないんだよね。どうしたらいいか分からないくらい寂しい」としみじみ。3期生の山下美月(22)からは「お世話になりました。大好きです」とメッセージを送られた。

ラストは初のカップリングセンター曲「泣いたっていいじゃないか?」をパフォーマンスして完全燃焼。「皆さんは幸せを作る天才です。皆さんに出会えた幸せを胸に、これからの人生も頑張っていきたいと思います!」と笑顔でファンに別れを告げた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は