障害者施設のパン窒息事故、和解へ 神奈川

産経ニュース
神奈川県庁=横浜市中区(高橋天地撮影)
神奈川県庁=横浜市中区(高橋天地撮影)

神奈川県は22日、県立知的障害者施設「中井やまゆり園」(中井町)で昨年10月、入居男性がパンを喉に詰まらせて意識不明の重体となった事故について、安全配慮義務を欠いていたとして、約2600万円を支払い、和解する方針を明らかにした。男性は現在も意識が戻らず、入院中。

黒岩祐治知事は同日の定例記者会見で「安心、安全に暮らす場である障害者施設でこのようなことが起きたことを重く受け止める」と述べた。

県によると、事故は昨年10月18日に発生。本来入居者が入らない配膳室に男性がおり、パンを食べた痕跡があることを職員が発見。男性はその後、倒れて救急搬送された。

園は弁護士などによる検証委員会を設置。事故は配膳室の施錠が徹底されていなかったことにより発生したもので、安全配慮義務に反していると結論づけた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は