衆院選で特養入所者の投票に干渉、容疑で理事長ら逮捕 長野

産経ニュース
長野県警=長野市(松本浩史撮影)
長野県警=長野市(松本浩史撮影)

10月の衆院選で特定候補に投票するよう特別養護老人ホームの入所者に干渉したとして、長野県警は22日、公選法違反(投票干渉)容疑で、いずれも長野市稲田、社会福祉法人理事長の酒井哲夫容疑者(69)と、同理事の小湊広美容疑者(77)を逮捕した。

逮捕容疑は10月29日、長野市内の期日前投票所で、入所者の1人に特定候補に印をつけた選挙公報を持たせるなど、投票行動に干渉したとしている。

2人は他の入所者複数人も投票所に連れ出していたことも判明しており、県警が詳細を調べている。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は