現場に可燃性液体、放火に使用か 兵庫の2人死亡火災

産経ニュース
放火されたとみられる民家=22日午後、兵庫県稲美町(安元雄太撮影)
放火されたとみられる民家=22日午後、兵庫県稲美町(安元雄太撮影)

兵庫県稲美町で民家が全焼し、焼け跡から住人の小学生兄弟とみられる2人の遺体が見つかった火災で、火元となった民家から可燃性の液体が見つかったことが22日、関係者への取材でわかった。兵庫県警加古川署捜査本部は現住建造物等放火容疑で捜査しており、何者かが液体を使って放火した可能性があるとみている。

火災は19日午後11時50分ごろに発生。木造2階建て民家が全焼し、焼け跡から2人の遺体が発見された。この家は5人暮らしで小学校高学年と低学年の兄弟のほか、50代の父親と40代の母親、母親の兄である50代の伯父が住んでいた。県警2人の遺体はこの兄弟とみて、身元の確認などを進めている。

関係者によると、火災後の現場検証で、民家から可燃性の液体が見つかった。当時、父親は母親を迎えに行くため外出しており、父親の外出後に出火したとみられる。県警はこの液体が放火に使われた可能性もあるとみて調べを進るとともに、連絡の取れていない伯父の行方を捜している。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」