横浜点滴連続中毒死、弁護側も控訴

産経ニュース
久保木愛弓被告
久保木愛弓被告

横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院・休診中)で平成28年、入院患者3人が点滴に消毒液を入れられ中毒死した事件で、殺人罪などに問われ、横浜地裁の裁判員裁判判決で無期懲役を言い渡された元看護師、久保木愛弓(あゆみ)被告(34)の弁護側が22日、控訴した。地裁への取材で分かった。横浜地検も同日、判決を不服として控訴している。

9日の地裁判決は、被告の完全責任能力を認定。その上で「更生の可能性が認められる」として、検察側の死刑求刑を退けた。遺族は「納得がいかない」として、控訴を求めていた。弁護側は最終弁論で「統合失調症が影響しており、善悪を判断する能力が著しく阻害されていた」として、心神耗弱状態だったと主張していた。弁護側の控訴理由は不明。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  3. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  4. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」