フリマアプリでカラオケ音源無断販売、容疑で70代3人書類送検

産経ニュース
押収されたカラオケ機材やハードディスク=22日午後、千葉県警行徳署
押収されたカラオケ機材やハードディスク=22日午後、千葉県警行徳署

千葉県警サイバー犯罪対策課は22日、カラオケ用の音源約20万曲の入ったハードディスク(HD)を無断販売したとして、著作権法違反容疑で、東京都府中市の無職男性(78)ら3人を書類送検した。

ほかに送検されたのは、横浜市旭区の無職男性(72)と静岡県藤枝市の無職男性(70)。県警によると、3人は何者かがインターネット上で販売している音源入りのHDをそれぞれ購入して複製し、1台5600円~9500円で販売していたという。県警は3人が計約550台を販売、300万円以上を得ていたとみている。

書類送検容疑は令和元年12月~今年3月ごろ、日本音楽著作権協会(JASRAC)などの許諾を得ずに、音楽データを複製したHDをフリーマーケットアプリで販売したとしている。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿