九州国際大付、日大三島を下し4強入り 香西が1失点完投/明治神宮大会

サンスポ

明治神宮野球大会第3日(九州国際大付2-1日大三島、22日、高校の部準々決勝、神宮) 九州国際大付(九州)が日大三島(東海)に競り勝って準決勝進出を決めた。

エース左腕の粘りの投球が光った。先発した香西一希投手(2年)が119球で6安打1失点、7奪三振で完投。先頭打者を6度出す苦しい展開だったが「長打と連打を出さないことだけを意識して、とにかく低めに大胆に攻めることができた」とうなずいた。

準決勝は23日に大阪桐蔭(近畿)と対戦する。香西は「大阪桐蔭はすべてでレベルの高いチーム。ミスなく投げて、思い切り楽しんでいきたい」と明日を待ち通しにしていた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は