鈴木誠の交渉期限は12月22日 全30球団にポスティング通知

産経ニュース
広島・鈴木誠也(宮沢宗士郎撮影)
広島・鈴木誠也(宮沢宗士郎撮影)

米大リーグ機構(MLB)は21日、ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指すプロ野球広島の鈴木誠也外野手(27)を、全30球団に契約可能選手として通知した。交渉期限は米東部時間12月22日午後5時(日本時間同23日午前7時)となり、譲渡金を支払う意思を持つ球団が交渉可能となる。

今オフの移籍市場では外野手の層が薄く、需要は高いとみられている。メジャー公式サイトによると、レンジャーズとメッツが獲得候補に挙がっている。ただ、12月1日に失効する大リーグの労使協定がMLBと選手会の間で新たにまとまらなければ、ポスティングを含めた契約交渉は滞ることになる。

プロ9年目の今季、鈴木誠は首位打者と最高出塁率のタイトルを獲得し、リーグ3位の38本塁打を放った。プロ野球通算902試合に出場し、打率3割1分5厘、182本塁打、562打点。今夏の東京五輪では4番打者として金メダル獲得に貢献した。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」