北日本、24日にかけ大荒れ続く 暴風に警戒

産経ニュース

北日本は24日にかけて、急速に発達する低気圧の影響で大荒れの天気になる見込みだ。東日本でも海上は大しけの恐れがある。気象庁は22日、暴風や高波、大雨による土砂災害や浸水に警戒するよう呼び掛けた。落雷や竜巻などの突風にも注意が必要だ。

気象庁によると、ロシア・沿海州付近にある前線を伴った低気圧が、発達しながら日本海から北海道付近へ移動する。この前線は東日本から北日本を通過。暖かく湿った空気の流入で、大気が非常に不安定になる。

23日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は北海道25メートル(35メートル)、東北18メートル(30メートル)。24日は東北15~19メートル(25~35メートル)。波の高さは23日が北海道、東北、北陸6メートル。24日が東北、北陸6メートルと見込む。

23日夕方まで24時間の予想雨量は、いずれも多い場所で北海道120ミリ、東北80ミリ、関東甲信60ミリ。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿