ソフトD1位・風間球打、背番号「1」!「1番なので、一番活躍できるように」

サンスポ
仮契約を終え、ユニホーム姿でポーズを決めるソフトバンクD1位の風間球打=東京都内のホテル(撮影・松永渉平)
仮契約を終え、ユニホーム姿でポーズを決めるソフトバンクD1位の風間球打=東京都内のホテル(撮影・松永渉平)

ソフトバンクのドラフト1位・風間球打(きゅうた)投手(18)=秋田・ノースアジア大明桜高=が22日、東京都内で入団交渉し、契約金1億円、年俸1100万円プラス出来高払いで合意した(金額は推定)。最速157キロ右腕は背番号「1」を授かったことを明かし、沢村賞獲得を目標に掲げた。

■沢村賞「何回も取りたい」■ プロのスタートから、伝統ある番号とともに歩む。仮契約を終えたD1位・風間は、背番号1を授かることを明かした。

「素晴らしい選手たちがつけてきた背番号。それを自分が受け継ぐ形になりました」

昨オフに退団した内川が着用した番号で、今季は空き番。過去にも秋山、柴原らが背負った番号だ。永井編成育成本部長兼スカウト部長は「いい番号をつけてもらいたいと評価があった」。風間も高校時代は2年秋から背負ったエースナンバー。最速157キロ右腕のポテンシャルで、必ず新しい歴史を刻んでくれると期待して、託した。

この日は沢村賞が発表され、オリックス・山本が受賞。風間自身も、目標は同じだ。

「1回ではなく、何回も取りたいという気持ちでやっていきたいです」

球団で最後の受賞者は12年の摂津。高校の先輩でもある摂津とはすでに言葉を交わしており「けがが一番危ない。選手生命を変えてしまうから」と金言を授かった。「1番なので、一番活躍できるように」。風間球打の名を球史に刻む。(竹村岳)

★「覚えてもらえる」名前に誇り

風間は三男として誕生した。4兄弟全員に「球」の字が入っており、長男は「球道」さんだという。球打という名前の由来は「自分もわからないままです」と首をかしげたが「今は本当によかったと思います。名前でも覚えてもらえるのはありがたい。記録もですし、記憶にも残れる人になりたいと思っています」と両親にもらった名前を誇りとしていた。

■風間 球打(かざま・きゅうた) 2003(平成15)年10月11日生まれ、18歳。山梨県出身。奥野田小1年時に野球を始め、3年から投手。塩山中では笛吹ボーイズに所属。ノースアジア大明桜高では1年春からベンチ入りし、2年秋からエース。今夏の秋田大会準々決勝(対秋田)で最速157キロをマークした。遠投100メートル。183センチ、83キロ。右投げ左打ち。


  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」