球界ここだけの話(2513)

鈴木誠也、同学年の大谷翔平をリスペクト

サンスポ
広島・鈴木誠
広島・鈴木誠

広島・鈴木誠也外野手(27)の同学年で米大リーグのエンゼルスの大谷翔平投手(27)へのリスペクトが止まらない。

「すべてのレベルですごすぎる。僕がどうこういうことではない。メジャーであそこまで活躍しているわけですから」

2人は2016年秋の侍ジャパンの強化試合で知り合った。食事など行動を共にする中で何よりも感銘を受けたのがトレーニングの知識や食事や栄養の管理などの野球の技術以外の部分で「生活面などすべての面ですごい」とずっと尊敬の念を抱いている。

その大谷は19日に今季のア・リーグMVPに満票で輝いた。鈴木誠は46本塁打&100打点&26盗塁を記録した「打者・大谷」でも、9勝&156奪三振を記録した「投手・大谷」でもなく、162試合でわずか4試合しか欠場しなかった〝鉄人〟ぶりを称賛する。

「投手と野手をやって1年間けがをしなかったことが信じられない。しかもメジャーでやっている。もし僕がやったらすぐにけがをすると思いますよ」

メジャーは1年間で162試合と日本の143試合より19試合多い。さらに米国は日本の国土の約25倍と広いため長距離移動による疲労や時差による体の違和感とも戦わないといけない。そのうえ大谷は野手の練習に加え、1週間に1度に先発登板するための調整をする必要があり、「食事や睡眠など生活のすべてを野球に注がないとできることではない」と舌を巻く。お互いに個人タイトルに興味がなく「他の人からたくさんの連絡が来ていると思うのでわざわざしていない」と直接連絡はしていないが、心から祝福する。

「まだ僕はメジャーに行けるかもわからないですから」

そう語る鈴木誠は日本野球機構(NPB)にポスティング申請を行い、メジャー球団への移籍を目指す。連日マツダスタジアムで自主練習に励んでおり、尊敬する大谷と同じ舞台に立つことを心待ちにしている。(柏村翔)

  1. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  2. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  5. 【奈良小1女児殺害・父親講演詳報㊦】もし叶うなら「ぎゅっと抱きしめたい」今もそばに