都立高プール重傷事故 男性教諭に罰金100万円判決

産経ニュース

東京都立墨田工業高(江東区)で平成28年、水泳の授業中の飛び込み練習で当時3年生だった内川起龍(きりゅう)さん(23)が頸髄(けいずい)損傷などの重傷を負った事故で、危険な飛び込み方法を指導したとして業務上過失傷害罪に問われた高校教諭、松崎浩史被告(49)の判決公判が22日、東京地裁で開かれた。鏡味(かがみ)薫裁判官は「生徒の安全を守るべき立場の教諭としての過失は相当に重い」として、求刑通り罰金100万円を言い渡した。

判決理由で鏡味裁判官は、デッキブラシを飛び越えて入水させる被告の指導方法について、直前に飛び込んだ生徒が、入水角度が大きくなるためプールの底にぶつかる危険性を指摘したにもかかわらず指導を継続したと認定。水泳部だった内川さんは指導に従わざるを得ず、プールの底に頭をぶつけ四肢まひなどの重篤な障害を負ったと述べた。

内川さんは教員免許を失効する禁錮刑以上の有罪判決を求めていたが、鏡味裁判官は、被告が6カ月の停職処分となるなど「一定の社会的制裁を受けた」とし、身体を拘束する自由刑ではなく業務上過失傷害罪の罰金刑の上限である罰金100万円が相当とした。

判決後、内川さんは「身体にも傷を負わせ、心にも傷を負わせるのか」、内川さんの母親は「判決には納得できず、息子も私も家族も次の一歩が進めません」とするコメントを代理人弁護士を通じて発表した。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは