平岡アンディが初防衛戦でアオキクリスチャーノと対戦/ボクシング

サンスポ
WBOアジア・パシフィック、日本スーパーライト級王者の平岡アンディ(大橋ジム提供)
WBOアジア・パシフィック、日本スーパーライト級王者の平岡アンディ(大橋ジム提供)

大橋ボクシングジムは22日、プロボクシング興行のフェニックスバトルを来年2月28日に東京・後楽園ホールで開催すると発表した。メインイベントはWBOアジア・パシフィック(AP)、日本スーパーライト級タイトルマッチで、両王座の初防衛を目指す王者の平岡アンディ(25)=大橋=がWBOAP9位、日本1位のアオキクリスチャーノ(32)=角海老宝石=の挑戦を受ける。

日系ブラジル人のアオキクリスチャーノ(大橋ジム提供)
日系ブラジル人のアオキクリスチャーノ(大橋ジム提供)

平岡は10月に両王座決定戦で、WBOAP3位、日本2位だった佐々木尽(八王子中屋)に11回TKO勝ちして新王者となって以来、アオキは5月に日本2位だった近藤明広(一力)に判定勝ちして以来の試合となる。プロ戦績はIBF世界同級6位の平岡が18戦18勝(13KO)、日系ブラジル人のアオキが26戦16勝(11KO)8敗2分け。

セミファイナルは東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦で、同級2位の橋詰将義(27)=角海老宝石=と同級3位の古谷(ふるたに)昭男(23)=六島=が拳を交える。プロ戦績は2014年全日本同級新人王の橋詰が20戦18勝(11KO)2分け、古谷が13戦9勝(3KO)4敗。

ほかにはライト級8回戦で、日本同級8位の保田克也(29)=大橋=と、同級12位の仲里周磨(25)=ナカザト=の試合などを予定している。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘