仏教大は序盤に大量失点し、中央学院大に敗れる/明治神宮大会

サンスポ

明治神宮野球大会(中央学院大7-1仏教大=八回裏2死降雨コールド、22日、神宮)大学の部準々決勝で中央学院大(関東第1代表)と対戦した仏教大(関西第1代表)は、先発右腕・木下隆也投手(4年)が一回に4番・嘉数尊外野手(4年)に左越え3ランを浴び、二回にも失点と厳しい展開になった。

打線も右腕・古田島成龍投手(4年)に2安打に封じられ、八回裏2死、降雨コールドゲームで敗れた。木下は「(本塁打は)インコースの真っすぐ。打者への対応、勝負できる球がなかった。きょうの悔しい経験を次のステージに生かしたい」と話した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故