トラとら虎

外野転向の阪神・原口、レギュラーへの強い思い 球団OB「これ以上捕手を続けても蚊帳の外と思ったのでは」

zakzak
秋季練習で左翼の守備位置に入る原口。出場機会を求める
秋季練習で左翼の守備位置に入る原口。出場機会を求める

阪神の原口文仁捕手(29)が秋季練習(甲子園)で外野の練習を始めている。自ら捕手稼業に見切りをつけ、新ポジションでレギュラーを目指すという。矢野監督は「野手で勝負したいという気持ちを尊重した」と転向を受け入れた。

今季の捕手としてのランクは梅野、坂本に次ぐ3番目。スタメン出場は一度もなく、出番は代打が大半だった。試合途中から守備についたのは捕手と一塁を合わせても7試合。試合に飢えているのは明らかである。

球団OBは「これ以上捕手を続けても蚊帳の外と思ったのではないか」と前置きし、決断の背景をこう語る。

「矢野監督が捕手としてのインサイドワークを評価しているのは坂本だけと痛感したのは間違いない。最初は梅野で押しながら、最後の勝負どころでは坂本。この起用を目の当たりにして踏ん切りがついたのだろう。その意味では、評価されていないとしてFA権行使を検討している梅野と共通したものを感じる」

  1. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  2. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは

  5. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか