初出場の国学院大は仙台大に逆転勝ちで8強入り 八回に2番・川村が3点三塁打/明治神宮大会

サンスポ
8回、逆転三塁打を放ち拳を突き上げる国学院大・川村啓真=神宮球場(撮影・土谷創造)
8回、逆転三塁打を放ち拳を突き上げる国学院大・川村啓真=神宮球場(撮影・土谷創造)

明治神宮野球大会第2日(国学院大5-3仙台大(東北代表)、21日、大学の部1回戦 神宮)好機で得点できなかった国学院大(東都)は、2点を追う八回に1点を返してなおも1死満塁で、西武から育成ドラフト4位指名された2番・川村啓真外野手(4年)が中越えに走者一掃の三塁打を放って逆転し、さらに1点を加え、九回も1失点に抑え、大会初勝利でベスト8を決めた。

逆転打を放った川村は「打ったのは真っすぐ。(カウント)2ボールからだったので、速い球に合わせていこう、変化球でも打てる変化球だと思っていた。チャンスがあれば日本一と思ってやっていきたい」と力強く話した。

鳥山泰孝監督は「選手には後半必ず流れがくると言っていた。川村とは『この大会はバントもある』と話していて、三回(無死一、二塁)は川村にバントで、最後(八回)は川村が気持ちの入った準備をしてくれていたと思う」と逆転勝ちを振り返った。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性