喜友名が男子形4連覇 女子組手の宮原はV2 空手世界選手権

産経ニュース
喜友名諒
喜友名諒

空手の世界選手権は20日、ドバイで個人戦の各種目決勝が行われ、男子形は東京五輪金メダルの喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が28・38の高得点で五輪銀メダルのダミアン・キンテロ(スペイン)を下して4連覇を果たした。4連覇は女子形の若井敦子、女子組手60キロ超級(当時)のファンムリク・フース(オランダ)の例がある。

女子組手50キロ級で、東京五輪代表の宮原美穂(帝京大職)が2連覇を達成した。女子形は、昨年の全日本選手権を制した大野ひかる(大分市消防局)が五輪金メダルのサンドラ・サンチェス(スペイン)に敗れた。

男子組手84キロ級の森優太と、同67キロ級の中野壮一朗(イー・ギャランティ)はともに3位決定戦で勝った。(共同)

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…