安田顕「続編の前に、再撮するかどうか…」 主演映画公開目前も原作者が未視聴

サンスポ
出演映画のイベントに出席した左から小山春朋、安田顕、小池栄子、岡田結実、SWAY(東京・汐留)
出演映画のイベントに出席した左から小山春朋、安田顕、小池栄子、岡田結実、SWAY(東京・汐留)

俳優、安田顕(47)が21日、東京都内で行われた主演映画「私はいったい、何と闘っているのか」(12月17日公開)のプレミアイベントに、共演の女優、小池栄子(41)、李闘士男監督(57)らと出席した。

お笑いタレント、つぶやきシロー(50)の同名小説の映画化。町の住民に愛されるスーパー「ウメヤ」の主任・春男の日常を描いたコメディーで、安田と小池は2度目の夫婦役を務めた。

イベント中、原作者のつぶやきシローが完成した作品をまだ見ていないことが発覚し、李監督は「前代未聞です。この後公開できるか分かりません」と大慌て。小池は「(夫婦役が)MEGUMIと大泉洋になってる可能性があるってことですか⁈」と笑いを誘った。

前日20日に誕生日を迎えた小池は、安田からサプライズで花束が贈られ「感動します。家族に祝ってもらえるのはうれしいですね」と大喜び。「続編はないんですかね?」という小池に安田が「続編の前に、再撮するかどうかですよ…」と応じ、会場は再び笑いに包まれた。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走