敦賀気比は先制したが大阪桐蔭に逆転負け/明治神宮大会

サンスポ
敦賀気比の上加世田頼希=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
敦賀気比の上加世田頼希=神宮球場(撮影・塩浦孝明)

明治神宮大会第2日(大阪桐蔭8-4敦賀気比、21日、高校の部準々決勝、神宮)敦賀気比(北信越)は一回に二ゴロ併殺の間に先制したが、その裏に3ランを許して逆転されるなど大阪桐蔭(近畿)の攻撃力の前に屈した。

三回に左脇腹に死球を受け、治療をしてマウンドに上がったエース右腕・上加世田頼希投手(2年)は先発で7回11安打7失点。「大阪桐蔭は1番から9番まで抜けるところがなく、すばらしい打者ばかりだった。(死球になったが)自分はキャプテンをやっていて、辛い表情を見せちゃいけないので、そのままいった。春にはもっともっとしっかり投げられるようにしたい」と反省し、課題を挙げた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」