3回目接種の基準明確化を ワクチンで知事会提言案

産経ニュース
オンラインで開かれた全国知事会の新型コロナウイルス対策本部会合で発言する平井伸治会長=21日午前、東京都千代田区の都道府県会館
オンラインで開かれた全国知事会の新型コロナウイルス対策本部会合で発言する平井伸治会長=21日午前、東京都千代田区の都道府県会館

全国知事会は21日、新型コロナウイルス対策本部をオンラインで開き、ワクチンの3回目接種時期を巡る判断基準を明確にするよう求める国への提言案を示した。2回目完了から原則8カ月としつつ、自治体の判断で例外的に6カ月も可能とした国の方針に対し、自治体から「要件があいまいだ」などと声が上がっていることを踏まえた。

会合で平井伸治会長(鳥取県知事)は「(感染の)第6波を迎え撃つ準備が大切なポイントとなる」と強調した上で「6カ月の例外はどのような場合を指しているのか。政府は情報をつまびらかにして現場に説明する必要がある」と述べた。

提言案は、6カ月経過すると接種できるとの誤った認識が国民に広がっているとして、例外的な扱いであることを強く発信するよう要求。自治体に例外の具体的な判断基準を早急に示すとともに、前倒しを決めた場合はワクチンを確実に供給することも求めた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  3. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  4. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」