オリックスは零封負け 宮城がヤクルト・青木に痛恨の先制打を献上

サンスポ
ヤクルトに零封負けを喫したオリックスの中嶋聡監督=京セラドーム大阪(撮影・薩摩嘉克)
ヤクルトに零封負けを喫したオリックスの中嶋聡監督=京セラドーム大阪(撮影・薩摩嘉克)

(SMBC日本シリーズ第2戦、オリックス0-2ヤクルト、21日、京セラ)オリックスが敗れ、シリーズ通算1勝1敗とした。先発した宮城大弥投手(20)は五回までパーフェクト投球をしていたが、八回2死一、二塁で青木に詰まりながらも中前に運ばれ、先制点を献上。吉田凌にマウンドを譲った。

さらに九回から3番手で登板したバルガスが2死二塁でオスナに右前打を許し、二走が生還。リードを2点に広げられた。

打線は左腕・高橋の前に5安打に抑えられ、完封負けを喫した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」