日本ハム・新庄監督、三塁コーチャー「俺がいく」えっ本盗!?「サイン出すかも」

サンスポ
チームの秋季練習を視察した日本ハムの「ビッグボス」こと新庄剛志監督。オーバーアクションでコーチらと会話する場面も見られた=千葉県鎌ケ谷市(撮影・尾崎修二)
チームの秋季練習を視察した日本ハムの「ビッグボス」こと新庄剛志監督。オーバーアクションでコーチらと会話する場面も見られた=千葉県鎌ケ谷市(撮影・尾崎修二)

日本ハム・新庄剛志監督(49)が20日、千葉・鎌ケ谷市の2軍施設で行われている秋季練習を初めて視察した。前日19日の就任会見でお披露目された林孝哉ヘッドコーチ(48)ら新任コーチとミーティングを実施。来季へ向けてコーチ陣には持ち場の垣根を越えた働きを期待し、ビッグボス自ら三塁コーチャーに就く〝率先垂範〟の仰天プランも披露した。

■〝ボーダーレス〟な指導を まるでロックスターのような着こなし。ビッグボスこと新庄監督は、黒のロングジャケットに白のタートルネック姿で、球団事務所へさっそう歩を進めた。膝を突き合わせたミーティングは約30分間。指揮官からコーチ陣に〝ボーダーレス〟な指導を希望する旨が伝えられた。

「決まりごとはない。気になるところがあったら(管轄、持ち場を)気にせずアドバイスして、みんながプラスになるように。みんなで上がっていこう、と」

肩書は関係ない。例に挙げられたのが、現役時代に内野の名手としてならした金子誠打撃コーチ。名目上は打撃部門を担うが、現役時代に通算113盗塁を記録した同コーチには「守備走塁コーチに気にせずアドバイスを」と求めた。もちろん1、2軍も関係なし。シーズン中のコーチ陣の入れ替えも柔軟に行う方針を示した。

人に求める以上は自身も率先して体現する。ビッグボスはひそかに描く仰天プランも明かした。

「サードコーチャーでサインを出すかも。三塁ランナーが来たときに『次、走れ』『ホームスチールいけ』って。気分転換が必要だなと思ったら俺がいく」

部門の垣根を取っぱらった仕事、率先垂範といえば、まさに一般のビジネスにも通じる〝上司の心得〟。「サイン覚えられるかな。キャンプ中も(サインを)トイレの前に貼っておきます」と笑わせつつ、熱い思いに偽りはない。

「僕たちでプロ野球を変えていこう。カッコいいチーム、明るく楽しくプレーしているチームになろう」。新庄監督は確かなビジョンを示し、選手、コーチと一丸になる。(箭内桃子)

★〝宣伝隊長〟も任せろ

新庄監督は〝宣伝隊長〟も買って出る。「オフはたくさんバラエティやら、何やらかんやら出て、ファイターズの名前を日本中の人たちに知ってもらいたい」。2022年元日に放送予定のテレビ朝日系「芸能人格付けチェック」に稲葉GMとともに出演することも決定している。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病