原坂一郎の子育て相談

2歳の息子を叩いてしまう

産経ニュース

2歳半の男の子がいます。すぐに癇癪(かんしゃく)を起こし、私を叩(たた)いたり押したりし、怒りをぶつけます。仕事が多忙で、ほぼ1人でこなすワンオペ育児で自分の時間が全くない上、子供と2人の時間が多くてイライラが処理できず、つい手が出てしまいます。イヤイヤがひどい時は感情に任せ、お尻や足を強く叩きます。子供は泣いたり恐れた顔で見たり、最近は私の顔色をうかがったりするように。そんな自分が情けなくなります。子供を叩きたくはないし、叩いたあとは謝りますが、何度も繰り返してしまい、子供に悪影響が出ないか心配です。どうしたら叩かなくなるようになれるでしょうか?

とても切羽詰まった感じが伝わってきます。叩きたくはないけれど、イライラするとつい…を繰り返しているのなら、これからもっと深刻な状況になるかもしれません。悪影響を心配されていますが、2歳にして親の顔色をうかがうとは、影響はもう出ています。

お子さんのような感じの子供は多くいますが、「はいはい、わかったわかった」と笑顔で応対しているお母さんも大勢います。それができないのは、「仕事が多忙」「ほぼワンオペ」「自分の時間がない」「子供との時間が多い」と、心身共に余裕がないのが原因だと思います。早い話が疲れすぎです。普段頑張っている自分自身を労(ねぎら)ってやりながら、まずはその4つのどれかひとつでも減らす努力をしてください。

多少お金がかかっても子供から離れる時間を作る、忙しすぎる仕事を思い切って変えるなど、方法はあると思います。「でも…」と言わず、可能そうなものは実行してください。「本当は叩きたくない」「子供に謝る」と、まだ冷静なあなたがいるうちに。

親や親戚は遠くにいるそうですが、相談に乗ったり支えてくれたりする人やサービスは探せば地域にたくさん存在していますよ。(こどもコンサルタント)

はらさか・いちろう 23年間の保育士勤務を経て平成16年から、こどもコンサルタントとして研究・執筆・講演活動を行う。日本笑い学会理事。自他共に認める怪獣博士でもある。

子育てに関する悩みをお寄せください。原坂一郎先生が回答します。


<メール>life@sankei.co.jp

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去