命救った訓練とマニュアル外の行動 宮城県登米市のこども園侵入事件

産経ニュース
刃物を持った男が侵入した保育施設「豊里こども園」。マニュアルにはない職員のとっさの判断で園児らにけがはなかった=11日、宮城県登米市(大柳聡庸撮影)
刃物を持った男が侵入した保育施設「豊里こども園」。マニュアルにはない職員のとっさの判断で園児らにけがはなかった=11日、宮城県登米市(大柳聡庸撮影)

宮城県登米市の保育施設「豊里こども園」で今月9日、刃物を持った男が侵入した事件。県警は、建造物侵入の疑いで同市豊里町の無職、大槻渉容疑者(31)を逮捕したが、子供や園職員への被害はなかった。「最低でも2人以上殺して死刑になりたかった」と供述するなど、大惨事につながる可能性もあった今回の事件で子供の命を救ったのは、日頃の訓練と、マニュアルにはない職員のとっさの判断だった。

4人がかりで確保

「普段人がいない所に人がいる。何かおかしい」

園の近くをうろついていた大槻容疑者を見た職員は不審に感じ、とっさに「目くばせ」や小声で、子供を園庭で遊ばせていた他の6人の職員に知らせた。当時、園庭では71人の子供が遊んでいた。まだ、遊び足りない様子の子供をパニックにさせないため「雨が降りそうだから中に入ろうね」などと声をかけ、保育室に避難させたという。

そのころ、大槻容疑者は中に入るタイミングをうかがうかのように、園の周辺を徘徊(はいかい)。不審に思った職員が「どうされましたか?」と声をかけるも、終始無言で、給食室付近の約1メートルの柵を乗り越えようとした。このため、職員が手で大槻容疑者を押し戻そうとしたところ、柵から落ちるような格好で園に侵入。その際、落とした刃渡り約12センチの刃物を拾い向かってきたが、職員2人が前後から抑え、他の2人も加わり、4人がかりで大槻容疑者の身柄を確保した。

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走