EV放浪記

電気自動車は「路上で充電」今後のスタンダードに? 横浜市が社会実験

zakzak
しらとり台で実験中の公道充電器
しらとり台で実験中の公道充電器

横浜市で、電気自動車(EV)の急速充電スタンドを公道上に設置する社会実験が行われている。日本ではこれまで路上に充電器はなかった。EVに乗って半年あまり。使ってきた充電スタンドを思い返せば、たしかに駐車場の一角に置かれたものばかりだった。

初の路上充電を試してみようと、ホンダeで出動。東京から国道246号を西へ1時間ほど走る。実験地の横浜市青葉区しらとり台は、郊外のベッドタウンという雰囲気。住宅地のそばには農地が広がっている。

県道170号に「社会実験実施中」という看板と充電器を発見。道を拡幅して2台分の駐車スペースが設けられている。すぐそばを車が往来するので乗降には気を使うが、不安を感じるほどではない。カードを使った認証や1回30分という時間制限など、利用方法は一般的。とくに戸惑うこともなく充電をスタートできた。

「逆向き駐車禁止」という注意書きに気づいた。これは、路上充電ならでは。内燃車の給油口もそうだが、EVも車種によって充電口の位置が違うので、コードをつなぎやすいように転回して駐車したりする。ただ、公道では道路の左側端に沿わない駐車は道交法違反になるのだ。

残量5割から30分でほぼ満充電。利用者アンケートを取っていたので回答しておく。自宅に充電設備を持たない「野良EV」とすれば、こういう試みは大歓迎だ。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  3. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病