「よく買う冷凍食品・レトルト食品」 チャーハン、麺類を抑えて1位になったのは?

ITメディア
「冷凍食品・レトルト食品に関する調査(2021年)」を実施した(画像:以下、リリースより)
「冷凍食品・レトルト食品に関する調査(2021年)」を実施した(画像:以下、リリースより)

リサーチ会社のクロス・マーケティング(東京・新宿)は「冷凍食品・レトルト食品に関する調査(2021年)」を実施した。普段よく買う冷凍食品・レトルト食品1位は「ギョーザ・しゅうまい」(36.6%)だった。

2位は「麺類(うどん・そばなど)」(29.5%)、3位は「チャーハン・ピラフ」(28.9%)と続いた。男女別で見ると、女性は「弁当のおかず」「野菜」「パスタ・スパゲッティ」が男性に比べて高い結果となった。また、お気に入りの冷凍食品・レトルト食品については、メーカーやブランドを指名する回答も多くあった。

「普段よく買う冷凍食品・レトルト食品」ランキング
「普段よく買う冷凍食品・レトルト食品」ランキング

■使用するタイミングはいつ?

使用タイミングを尋ねたところ、「食事の品数を増やしたいとき」(39.8%)が1位。次いで「料理をする時間がないとき」(38.7%)、「主食として使いたいとき」(37.8%)と続いた。男女別では、女性は「料理する時間がないとき」(45.9%)、男性は「主食として使いたいとき」(41.4%)となった。

商品を選ぶ時や、買って家で使う際に考えることを聞いた。4割の人が「時短になるので助かる」「おいしそうに感じたものを選ぶ」と回答した。また、「電子レンジで調理できるものを選んでいる」と回答した人も35.0%おり、鍋やフライパンを使わず調理できることを基準に選んでいる人が多いようだ。

総務省の調査によると、2人以上の世帯における冷凍食品の年間購入額は2015年以降、右肩が上がりで増えていることが分かった。20年はコロナ禍の巣ごもり需要により、購入額は8787円で前年(7818円)と比べて112.4%となっている。

調査は、47都道府県在住の20~69歳の男女を対象にインターネットで実施。期間は11月12~14日で、有効回答数は1100人。

関連記事
  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは