オリックス・モヤが七回に代打同点ソロ本塁打

サンスポ
7回、同点の本塁打を放つオリックスのスティーブン・モヤ=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
7回、同点の本塁打を放つオリックスのスティーブン・モヤ=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)

(日本シリーズ第1戦、オリックス-ヤクルト、20日、京セラ)オリックスのスティーブン・モヤ外野手(30)が七回1死から代打で登場し、好投を続けるヤクルト先発・奥川から右翼席へ同点ソロ本塁打を放った。

オリックスは奥川に対して、チャンスは作りながら決定打が出ない苦しい展開。絶対的エースの山本が六回で降板し、ムードも悪かった。それまで2打席がいい当たりの右飛、中前打と打席内容の良かった若月を、あえて代えての代打。中嶋監督の勝負手が実った形だ。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」