オリックス・山本が6回1失点で降板

サンスポ
6回、ヤクルト・中村悠平に適時打を許したオリックス・山本由伸=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
6回、ヤクルト・中村悠平に適時打を許したオリックス・山本由伸=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)

(日本シリーズ第1戦、オリックス-ヤクルト、20日、京セラ) 先発したオリックス・山本由伸投手(23)が6回1失点で降板した。

ヤクルト先発の奥川との投げ合いになり、ピンチを招きながら要所を抑える投球で五回までは無失点。しかし、六回に珍しく2与四球で一死一、二塁としてしまい、中村に中前適時打を浴びた。ヤクルト打線の粘りで、六回までに112球。想定以上に球数が増えてしまい、1点ビハインドでの交代になった。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故