川口春奈、ホラー映画でダンス披露「あれは謎。なくても物語は成立するんですが…」

サンスポ
ホラー映画「聖地X」の記念舞台あいさつに出席した左から入江悠監督、川口春奈、岡田将生、薬丸翔=東京・東池袋
ホラー映画「聖地X」の記念舞台あいさつに出席した左から入江悠監督、川口春奈、岡田将生、薬丸翔=東京・東池袋

女優、川口春奈(26)が20日、東京都内で行われた公開中の出演ホラー映画「聖地X」(入江悠監督)の記念舞台あいさつに主演を務める岡田将生(32)、共演の薬丸翔(31)と出席した。同作は人気ホラー「犬鳴村」「樹海村」のプロデュースチームの企画でオール韓国ロケを敢行。巨木と古井戸がある呪われた地で、日本から来た兄妹(岡田、川口)が常軌を逸した悪夢に取りつかれる。

NHK紅白歌合戦の司会を務める川口は劇中でダンスを披露するが、「あれは謎ですね」と苦笑。母親にも「あんた、あれ何なの?」と突っ込まれたと明かし、「(ダンスは)なくても物語は成立するんですけど…」と指摘。本人も「?」の唐突な違和感でホラームードを演出していた。

岡田は同作にちなみ、パワースポットを聞かれると「近所のスーパー」と回答。「長ネギが1本15円で、安すぎて、それが怖すぎて手に取れなかった。50円ぐらいだったら良かったのに」と自身の〝ホラー体験〟を語った。川口は「薬局。用事がないのに入って何かしら手に取るのが楽しい。(ディスカウント店の)ドン・キホーテとか…」と回答。薬丸裕英(55)と石川秀美(55)夫妻の長男である翔は「ラーメン店が聖地。ラーメン好きなので」と明かした。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は