ゴルフわすれな草

木下稜介(17) まぐれではない3日間連続の60台、経験値高まればおのずと結果はついてくる

zakzak
木下稜介
木下稜介

21年の日本ゴルフツアー選手権は、予選第2ラウンドが日没順延となった。翌日に第2ラウンドが終了し、引き続いて決勝第3ラウンドがスタートした。36ホールをプレーし終えた時点で、木下は2位に4打差をつけて単独首位に立っていた。67、68と60台のスコアを2日間マークしたのは木下だけだった。

これまで優勝争いを何度も繰り返し、勝ち切れなかったものの、緊張した場面で自分がどんな考え方をしたり、プレーをしたりするかの経験値は高まっていた。「優勝に近づくとグリーンに乗せたい、パットを入れたいとか欲が強まって自滅する」。その自己分析から、スイングのリズムを変えずにプレーすれば結果はおのずとついてくるという答えを導き出していた。

第3ラウンド。1番パー4でスタート早々のバーディーチャンスを迎えたが、パットは決まらなかった。チャンスを逸した悔しさは、それほど大きくはなかった。自分がいまトライしているストロークができた。その手応えがうれしかったからだ。

明るい兆しは気持ちに余裕をもたらしてくれる。2番、3番での連続バーディーでスコアを伸ばす。6番パー5でもバーディーを取ったが、7番パー3でボギーを叩く。せっかく積み重ねてきたアンダーパースコアをひとつ減らしたものの、動揺はしなかった。これまでとは違っていた。確実に成長していた。8番パー4でバーディーパットをねじ込んでバウンスバックする。

  1. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  2. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは

  5. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか