巨人・山崎伊織、打撃練習に登板 原監督に右肘全快アピール

サンスポ

昨年6月に右肘靱帯(じんたい)再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けた巨人・山崎伊織投手(23)が20日、川崎市のジャイアンツ球場で打撃練習に登板し、視察した原監督に全快をアピールした。

「(監督の視線に)緊張しました。肘も全然痛くないのが一番良かった。また一歩、進んでいるとは思います」

菊田、育成の加藤廉と対戦しスライダー、シュートを軸に計17球を投げた。最速は148キロ。バットを2本へし折るなど球威を感じさせた。

東海大4年時に手術を受けたが、潜在能力を買われて今季ドラフト2位で入団。打者に投げたのは今回が3度目だ。雌伏の時を意義あるものにすべく、同じ手術を経験した桑田投手チーフコーチに掛けられた言葉をノートに書きためている。

バックネット裏から見守った指揮官は「実戦的だよね。アウトローの真っすぐの精度が上がれば、一流の投手になる可能性を持っている」と高評価。遅れてきた〝新戦力〟が来季の力となる。(谷川直之)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」