横浜FCのJ2降格が決定/サッカーJ1

サンスポ
神戸に敗れ、肩を落とす横浜FCイレブン=ニッパツ
神戸に敗れ、肩を落とす横浜FCイレブン=ニッパツ

明治安田J1第36節(横浜FC0-2神戸、20日、ニッパツ) 横浜FCは神戸に0-2と敗れ、2試合を残しての来季J2降格が決定した。横浜FCは前半9分、神戸の日本代表FW大迫に右足ゴールを許すと、同31分には元スペイン代表MFイニエスタにPKを決められ前半を0-2で折り返した。後半39分にMF中村を投入し、攻め込むシーンもあったが最後までゴールが遠かった。

横浜FCは昨季、13年ぶりにJ1昇格。コロナ禍で降格がないシーズンだったが残留圏内の15位フィニッシュと結果を残した。J最年長のFW三浦知が「J1に定着するためのシーズンにしなければいけない」と話すなど、その礎はできたようにも見えた。

だが今季は、開幕から13試合勝ちなしと最悪のスタート。夏場に5人の外国人選手を補強するなど一時は持ち直したが、この日までの36試合で6勝9分け21敗の勝ち点27で最下位。残り2試合を連勝しても16位・清水(勝ち点36)に追いつけないため、J2降格が決まった。

今季途中に就任した早川監督は試合終了後のオンライン会見で「自分が求めていたミッションができなかった。残念だ」と肩を落とした。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」