米、大統領選に干渉のイラン人ハッカーらに制裁

産経ニュース
バイデン米大統領(ロイター)
バイデン米大統領(ロイター)

バイデン米政権は18日、昨年11月の大統領選をめぐり、米国の民主主義の信頼性をおとしめる目的で偽情報を拡散させたとして、イラン政府の支援を受けるイラン人ハッカーら6人と同国のサイバーセキュリティ企業1社を制裁対象に追加すると発表した。このうち2人は、ハッキングによって有権者の個人情報を盗み出したなどとして東部ニューヨーク州の連邦地裁に起訴された。

財務省や司法省の発表によると、犯行グループは昨年8月ごろから11月にかけ、少なくとも1州の選管当局のシステムに侵入して有権者情報を窃取。そうした情報をもとに、共和党のトランプ大統領(当時)を支持する極右団体「プラウド・ボーイズ」を名乗って民主党支持者ら数万人に脅迫メッセージを送ったり、「民主党が選挙不正を計画している」とする偽の情報や動画を交流サイト(SNS)上で大量に拡散させたりした。

犯行グループは、イラン最高指導者に直属する革命防衛隊の電子戦・サイバー防衛部門に関連するサイバーセキュリティ企業に所属。米司法省は声明で、「イラン政府の支援を受け、米国の選挙システムの信頼を損ねて米国人の間に不調和を植え付けようとした」と非難した。(ワシントン 大内清)

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【奈良小1女児殺害・父親講演詳報㊦】もし叶うなら「ぎゅっと抱きしめたい」今もそばに