中谷潤人、2度目の防衛戦 12・29村田諒太とのダブル世界戦

サンスポ
ボクシングWBA&IBF世界ミドル級王座統一戦「村田諒太対ゴロフキン」戦サポーティングカード発表会見。記念写真におさまる(左から)吉野修一郎、中谷潤人、伊藤雅雪=東京都千代田区(撮影・蔵賢斗)
ボクシングWBA&IBF世界ミドル級王座統一戦「村田諒太対ゴロフキン」戦サポーティングカード発表会見。記念写真におさまる(左から)吉野修一郎、中谷潤人、伊藤雅雪=東京都千代田区(撮影・蔵賢斗)

プロボクシングWBO世界フライ級王者の中谷潤人(23)=M・T=が、12月29日にさいたまスーパーアリーナで2度目の防衛戦として同級9位のクリスチャン・ゴンサレス(22)=メキシコ=の挑戦を受けると19日、発表された。WBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(35)=帝拳=と、IBF王者のゲンナジー・ゴロフキン(39)=カザフスタン=の王座統一戦とのダブル世界戦となる。

この日、東京・千代田区のホテルメトロポリタンエドモントで行われた会見に出席した中谷は「しっかりと防衛したい。自分のベストパフォーマンスを更新できるような試合をお見せできたら」と意気込みを語った。9月に米アリゾナ州トゥーソンで同級1位だったアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)に4回TKO勝ち。日本選手初の米国での初防衛を果たし、年内の2度目の防衛戦を希望していた。

ゴンサレスの試合映像は1試合だけチェックしたといい、「背が高いので、仕掛けていったり、じらせていったり、使い分けながら闘っていけたら。僕(身長171センチ)より大きいイメージ」と身長の情報がないゴンサレスを警戒した。

「会場の雰囲気をしっかり勝って上げて、村田さんとゴロフキンの試合につなげたい。勝った上で控室で試合を見たい。求められているのはKOという倒すシーン。そういった場面を作っていく」とビッグマッチの前で世界にアピールし、熱望する他団体王者との統一戦を引き寄せる。

プロ戦績は中谷が22戦22勝(17KO)、ゴンサレスが15戦14勝(4KO)1敗。

また、東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック・ライト級タイトルマッチも発表された。日本王座も持つ3冠王者の吉野修一郎(30)=三迫=が元WBO世界スーパーフェザー級王者で、東洋太平洋ライト級3位、WBOアジア・パシフィック同級7位の伊藤雅雪(30)=横浜光=の挑戦を受ける。

吉野は「伊藤選手に勝つことしか考えていない。最終的には打ち合いになるんじゃないか」と話し、伊藤は「正念場なので、必ず勝って来年もっと大きな試合をできるように」と力を込めた。

プロ戦績は吉野が14戦14勝(11KO)、伊藤が31戦27勝(15KO)3敗1分け。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿