ヤクルト・奥川、日本シリーズ第1戦先発決定的 いざオリックス・由伸と初対決「負けない」

サンスポ
真剣な表情でキャッチボールする奥川。緊張感が高まってきた (撮影・今野顕)
真剣な表情でキャッチボールする奥川。緊張感が高まってきた (撮影・今野顕)

ヤクルトは18日、神宮外苑で一部の先発投手陣が練習を行い、20日に京セラドーム大阪で開幕するオリックスとの「SMBC日本シリーズ2021」に向けて調整した。第1戦の先発が決定的な20歳7カ月の奥川恭伸投手は、オリックス・山本由伸投手(23)との初対決が予想される中、「ロースコアのゲームになると思う」と闘志を燃やした。開幕戦で先発して勝利すれば、1970年の堀内恒夫(巨人)の22歳9カ月を抜いてセ・リーグ最年少記録。チーム本隊は大阪に移動した。

頂上決戦の開幕が近づいてきた。冷たい風が吹く神宮外苑で奥川はリラックスした表情で調整。日本シリーズの舞台へ、胸を高鳴らせた。

「いよいよ始まるなという気持ち。最後の戦いになる。セ・リーグの1位とパ・リーグの1位がぶつかって、面白いゲームになると思うのでしっかり頑張りたい」

短期決戦の流れを決める大事な一戦を任される。右腕はこの日、ブルペン入り。登板2日前のルーティンをこなし、20日の第1戦で先発することが決定的だ。

投げ合いが予想されるのは、オリックスのエース・山本。今季パ・リーグでタイトルを総なめにし、東京五輪でも活躍した右腕が相手だが、決して物怖じはしない。むしろ、負けず嫌いの心に火が付いた。

「成績通りの素晴らしい投手だと思う。どの投手でも、ロースコアのゲームになると思う。負けないように頑張りたい」

〝開幕戦〟には強い。後半戦の開幕となった8月15日のDeNA戦(新潟)は7回1失点で勝利。クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ初戦だった10日の巨人戦(神宮)では、CS史上最年少で完封勝利を挙げ、チームに勢いを付けた。

20歳以下で日本シリーズ第1戦に先発するのは2006年のダルビッシュ(日本ハム)以来、7人目。20歳7カ月の奥川が勝利すれば、1970年の堀内恒夫(巨人)の22歳9カ月を抜いてセ・リーグ最年少記録となる。CS後に技術面を見直してきた右腕は「いつも通り投げられるかどうかだと思う」とした。

大先輩から金言をもらった。2015年の日本シリーズで2試合に登板した41歳石川からは「なかなか経験できることじゃないんだから思い切っていけよ」と背中を押されたという。相手はリーグトップのチーム打率・247の強力打線だが、「いつも通り攻めて思い切ってプレーしたい」と鼻息は荒い。

「日本シリーズでもしっかり自分の力を出し切れるように」と奥川。20年ぶりの日本一へ、胸を張って先陣を切る。(赤尾裕希)

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿