世界パラ陸上が2024年春に再延期 22年夏予定の神戸大会

産経ニュース

来年夏に開催を予定しているパラ陸上の世界選手権神戸大会が2024年春に再延期の方向で調整されていることが19日、関係者への取材で分かった。新型コロナウイルスの影響や、日本の夏の暑さなどを理由に、世界パラ陸連から打診があったという。

当初は21年夏開催の予定だったが、東京パラリンピックの1年延期に伴い、22年8月26日に開幕する日程に延期となっていた。神戸大会の組織委員会は12月1日に総会を開き、延期を受け入れるかどうかを決議する。

パラ陸上の世界選手権は約100カ国・地域から参加予定で、障害者スポーツの国際大会ではパラリンピックに次ぐ規模となる。東京パラリンピックの翌年に国内で初開催することで、レガシー(遺産)につながるとして注目されていた。

  1. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  2. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  5. 【奈良小1女児殺害・父親講演詳報㊦】もし叶うなら「ぎゅっと抱きしめたい」今もそばに