氷川きよしポップス曲「Happy!」など選出 日本レコード大賞優秀作品賞10作品発表

サンスポ
レコ大
レコ大
その他の写真を見る (1/1枚)

第63回日本レコード大賞の審査会が18日、東京都内で行われ、大賞候補となる優秀作品賞10作品などが発表された。

10作品には、天海祐希(54)主演映画「老後の資金がありません!」の主題歌で氷川きよし(44)がポップス曲に挑戦した「Happy!」、菅田将暉(28)と有村架純(28)のダブル主演映画「花束みたいな恋をした」のインスパイアソングでもある3人組バンド、Awesome City Clubの「勿忘(わすれな)」など話題作がずらりと並ぶ。

新人賞には和製ビヨンセの呼び声が高いTAEKO(29)、グラビアと演歌の二刀流で活動する望月琉叶(25)、4人組バンドのマカロニえんぴつらが選ばれた。

また、コロナ禍を反映して、CDではなくデジタル配信でリリースされ、ミュージックビデオのストリーミングの再生数が億単位で記録したAdo(19)、YOASOBIらが特別賞を受賞した。

昨年に続いてアルバム賞や作詞、作曲、編曲など各賞の表彰は見送られた。大賞と最優秀新人賞は12月30日の最終審査で決定し、TBS系「輝く!日本レコード大賞」(後5・30)で発表される。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…